モンハンライダーズ(MHR)

モンハンライダーズの最強の回復ライダーは誰だ!?【ライダーズ回復力最強決定戦】

nisyi
モンハンライダーズで、最強の回復ライダー&オトモンのタッグは?

というお題について、回復力だけに着目した形ですが、現時点(2020年9月頭)での一つの答えを出してみました。

ルール説明

ある回復技を一定のペースで繰り返し、1ターンに1人平均どれだけ回復できるか?を「回復力」として、この「回復力」の高さを競います。

実施細則

・ライダーは最大強化(Lv70&信頼度10)
・オトモンは★5かつ最大強化(Lv70&熟練度50)
・加護&装飾品の賢さは合計で+300(ぼちぼち)
・仲間は2人とも賢さ1500(オトモン・加護・装飾品込み。割と平凡な値)
・最大体力は全員3500(割と平凡な値)
・戦闘中の賢さランクは常に±0とする
・単体回復技は、全員に使った場合の平均値を用いる
・勝敗の判断要素は回復力のみ。ダメージカットの様な付加効果や、ライダーの各ステータスの優劣は評価の対象外。

nisyi
回復技ごとの回復量はシミュレータで算出します。
シミュレータに興味がある場合はコチラへ!

ライダーズの回復量シミュレータ!ヒーラー達の夜明けに備えよう!!【MHR】

この記事は、MHRでの回復量シミュレータの紹介、および回復役についての2020/4現時点の所見です。 MHRの回復役、ってどうでしょう。 使ったことがある人の、 ...

続きを見る

挑戦者紹介

エントリー①:"筆頭優勝候補" パルフェ

SP燃費が良い、継続回復のライダー技「ウォームフルペッコ」を保持する、マハ・エルグの歌姫。
パーティ全体を途切れず回復させながら、片手間で他の役割もこなせてしまう汎用性が強み。
継続回復の回復量は最大体力に依存するため、賢さ(回復量に影響するステータス)が低いライダーも効率的に回復が可能である。
また、本人の賢さは現時点(2020/9頭)で全ライダー中トップを誇る(信頼度10の場合)。

ガチャの花形部門である竜騎祭ガチャから、2020/6末頃に初登場。
全般的に人気のない回復ライダー達の中にあって、唯一高い人気を誇る。

エントリー②:"単体回復おばけ" ルイーズ

現時点で最高の威力をもつ単体回復ライダー技「轟再生の韋駄天」(威力120)を保持する、マハ・エルグのライダー。
賢さも高く、全ライダー中で2位でパルフェに肉薄する(パルフェ670、ルイーズ665)。
更に特性が「賢さ+12%」「与える回復量+20%」の効果を持つため、
特性発動時はパルフェを超え、全ライダー中トップの賢さとなる。

2020年8月の海賊イベントガチャで、目玉ライダー「じゃない方」のポジションとして初登場。
それもあってか、回復ライダーの例に漏れず人気は低め。
キャラクター設定としてもパルフェをライバル視しているが、今回は打倒なるか!?

エントリー③:"ダークホース" ガーディ

強力な全体回復のライダー技「スターライトエール」を保持する、ラクアの自警団員。
威力65・消費SP70の全体回復は、SP効率は(パルフェの色々特殊なウォームフルペッコを除き)最高といえる。
※クルペッコのタッグ技も同威力の全体回復だが、消費SP80

2020年2月のサービス開始直後のイベントで初登場。
初期のイベントライダーであるためか、ステータスは全般的にかなり低めで、賢さすら回復型でないライダーに負けてしまうほど。
だが、ガーディは特性で「与える回復量+20%」の効果を発揮できることと、前述の「スターライトエール」を持つことから、実際には賢さだけ高い他ライダーとは一線を画した回復量を発揮してくれる。

MHRのサービス開始直後の頃は最大強化できるような素材など当然なく、全般的にヒーラーの回復量は悲惨だったため、ガーディも低評価がしっかり定着しているが、今回はその評価を覆せるか・・・!?

nisyi
ほか、ロレンツさん(ダメージカット&回復)や、サラさん(攻撃バフ&回復)は、回復力だけで評価する今回のルールだと圧倒的に不利なため、エントリーの対象外としました。

試合中継

Round1:[パルフェ&ベリオ]手抜きウォームフルペッコ

パルフェ(以下「パ」):
ではでは、最初はかるーくいってみましょー!

タッグライダーの賢さ670=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率239%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2571 
やること概要
継続回復効果の有効期間(4ターン)を目一杯つかう方針で、4ターンに1回のゆるいペースでパルフェのライダー技「ウォームフルペッコ」(消費SP45)を使用。
※1回目だけはパルフェ&パルフェより先に行動した仲間の継続回復は次ターンからだが、
ここでは4ターンで1サイクルのうち、2サイクル目以降を抽出したイメージとする。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目ウォームフルペッコ記載省略296243243
継続回復(最大体力の4%)140140140
2ターン目通常攻撃000
継続回復(最大体力の4%)140140140
3ターン目通常攻撃000
継続回復(最大体力の4%)140140140
4ターン目通常攻撃000
継続回復(最大体力の4%)140140140
回復量合計2462
回復力205

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算
※最大体力は全員3500(ぼちぼち)として計算(=継続回復は4%で140)

 

ガーディ(以下「ガ」):
回復力205・・・は、(平均で)毎ターン全員205回復できるイメージか。

4ターン1サイクルの中で、SPが75も余る(獲得SP30 × 4ターン-消費SP45)のに、この回復力は凄いよなあ、パルフェちゃん。

ルイーズ(以下「ル」):
フン、「かるーく」なんて舐めてるわね・・・。
次は私がいくわ!

Round2:[ルイーズ&ベリオ]轟再生の韋駄天【特性なし】

ル:さあ、私の回復量に驚きなさい…!

タッグライダーの賢さ665=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率239%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2554 
やること概要
ルイーズのライダー技「轟再生の韋駄天」で1人ずつ回復。
消費SPは60なので、6ターンで1サイクル(全員を1度回復)となる。
※実際は6ターン目から特性が発動するが、特性なしの平均を測るためここでは考慮しない
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
2ターン目轟再生の韋駄天60-600141000
3ターン目通常攻撃30030000
4ターン目轟再生の韋駄天60-600011570
5ターン目通常攻撃30030000
6ターン目轟再生の韋駄天60-600001157
回復量合計3724
回復力206

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算


ル:回復力・・・206っ!?
そんな…!パルフェの手抜き回復並み!?

単体回復としては突出して強くても、全員を回復させると6ターン必要なのが痛いところです…

ル:でも、パルフェには・・・負けられない!!
私の特性さえ発動させれば…!!
・・・
ちょっと、2人とも、そこでしばらく待ってなさい!!

※ルイーズの特性は5ターン経過しないと発動しません

:は、はーい。。。

Round3:[ルイーズ&ベリオ]轟再生の韋駄天【特性あり】

タッグライダーの賢さ665=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率239%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2554 
特性発動時の賢さ2860=知の型【成】で賢さ+12%
やること概要
ルイーズのライダー技「轟再生の韋駄天」で1人ずつ回復。
消費SPは60なので、6ターンで1サイクル(全員を1度回復)となる。
ルイーズの特性『知の型【成】』(5ターン経過で賢さ+12%)と
『治癒力【成】』(5ターン経過で回復量+20%)が全て発動したケース。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
2ターン目轟再生の韋駄天60-600189400
3ターン目通常攻撃30030000
4ターン目轟再生の韋駄天60-600015030
5ターン目通常攻撃30030000
6ターン目轟再生の韋駄天60-600001503
回復量合計4900
回復力272

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算

 

ル:どう!?パルフェ、私の勝ちね!!

ガ:賢さランクを上げたわけでもなく、一発で最大1900近く回復できるってバケモノだな・・・。

ル:バケモノとは失礼ね!

ガ:でも上のルイーズさんが賢さランク上げたらどうなるんです?

ル:賢さランク+2で対象が私自身の場合は2842回復するわ。

ガ:やっぱりバケモノだ!

パ:ありゃりゃー…。
それじゃあたしもホンキで、いっくよー!

Round4:[パルフェ&ベリオ]本気ウォームフルペッコ

タッグライダーの賢さ670=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率239%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2571 
やること概要
継続回復効果の有効期間(4ターン)を多少無駄にしてでも、3ターンに2回の
最短サイクルでパルフェのライダー技「ウォームフルペッコ」(消費SP45)を使用。

※1回目だけはパルフェ&パルフェより先に行動した仲間の継続回復は次ターンからだが、
ここでは3ターンで1サイクルのうち、2サイクル目以降を抽出したイメージとする。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
継続回復(最大体力の4%)140140140
2ターン目ウォームフルペッコ60-4515296243243
継続回復(最大体力の4%)140140140
3ターン目ウォームフルペッコ45-450296243243
継続回復(最大体力の4%)140140140
回復量合計2824
回復力313

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算
※最大体力は全員3500(ぼちぼち)として計算(=継続回復は4%で140)

パ:どうだー!

ル:そんな…く、、くやしいっ!!
ヴァルボーレ様が見てるのに・・・!!

ガ:(うーん、女の子たちの戦いは怖いなあ…)
よし、次は俺がいくぜ!!

Round5:[ガーディ&ベリオ]スターライトエール【特性なし】

タッグライダーの賢さ562=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率239%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2205 
やること概要
ガーディのライダー技「スターライトエール」を最短間隔で反復。
消費SPは70なので、7ターンに3回(3・2・2ターン毎)で1サイクルとなる。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
2ターン目通常攻撃60060000
3ターン目スターライトエール90-7020660568568
4ターン目通常攻撃50050000
5ターン目スターライトエール80-7010660568568
6ターン目通常攻撃40040000
7ターン目スターライトエール70-700660568568
回復量合計5388
回復力256

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算


ル:回復力256・・・なかなかやるわね!
(あぶなかった…ドキドキ)


ガ:いや、まだだっ!!
俺も特性を発動すれば・・・!!

パ:え?ガーディくん、自分で自分の頭を殴り始めたよ…?

※ガーディの特性は体力75%以下にならないと発動しません

Round6:[ガーディ&ベリオ]スターライトエール【特性あり】

タッグライダーの賢さ562=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率239%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2205 
やること概要
ガーディのライダー技「スターライトエール」を最短間隔で反復。
消費SPは70なので、7ターンに3回(3・2・2ターン毎)で1サイクルとなる。
ガーディ特性『治癒力【活】』(体力75%以下で回復量+20%)が全て発動したケース。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
2ターン目通常攻撃60060000
3ターン目スターライトエール90-7020792681681
4ターン目通常攻撃50050000
5ターン目スターライトエール80-7010792681681
6ターン目通常攻撃40040000
7ターン目スターライトエール70-700792681681
回復量合計6462
回復力307

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算


ル:まさか!?ガーディさんにすら負けるなんて…!?

ガ:「すら」って、さらっとヒドいなルイーズさん…。

ル:ガーディさんにさえ・・・負けた・・・。
…ブツブツ…この大会ルール、単体回復は不利なんじゃないの…?

ガ:うーん、でも俺もパルフェちゃんには負けちゃったか!

パ:えっへん!!

ガ:さて、つまり今回の優勝は…。
パルフェちゃん!!おめでとう!!!!

パ:わーい、ありがとーー☆

パチパチパチパチ……

・・・

「待った!!!」

Round7:[ルイーズ&ペッコ]ソウルブレスソング【特性あり】

ル:私だって、私だってねーー!!
…行くわよ!クルペッコ!!

タッグライダーの賢さ665=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率229%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2487 
特性発動時の賢さ2785=知の型【成】で賢さ+12%
やること概要
クルペッコのタッグ技「ソウルブレスソング」を最短間隔で反復。
消費SPは80なので、8ターンに3回(3・3・2ターン毎)で1サイクルとなる。
ルイーズの特性『知の型【成】』(5ターン経過で賢さ+12%)と
『治癒力【成】』(5ターン経過で回復量+20%)が全て発動したケース。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
2ターン目通常攻撃60060000
3ターン目ソウルブレスソング90-8010999799799
4ターン目通常攻撃40040000
5ターン目通常攻撃70070000
6ターン目ソウルブレスソング100-8020999799799
7ターン目通常攻撃50050000
8ターン目ソウルブレスソング80-800999799799
回復量合計7791
回復力324

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算


ル:みなさい!私の勝ちよ!!

ガ:うわっ!流石だなルイーズさん!!負けちゃったか…。

ル:オトモンの技も活かせば、ざっとこんなものよ!
(パルフェ…!回復最強の座はいただいたわよ!!)


ガ:うーん・・・オトモンの技か。。

パ:オトモンの、技かあ〜。。。

ガ:…!!そうだ、アレなら!
行くぞ、ジンオウガっ!!

Round8:[ガーディ&ジン亜]龍光まといスターライトエール【特性あり】

タッグライダーの賢さ562=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率197%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計1969 
やること概要
ジンオウガ亜種のオトモン技「龍光まとい」(消費SP40でSP50回復)を利用して、
ライダー技「スターライトエール」(消費SP70)を常に2ターン毎に使用可能としたケース。
(※通常1ターン目だけSP不足で龍光まといが使えないが、宝珠でSP+10したものとする)
ガーディ特性『治癒力【活】』(体力75%以下で回復量+20%)が全て発動したケース。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目龍光まとい40-4050000
2ターン目スターライトエール80-7010706633633
回復量合計1972
回復力328

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算

 

ガ:1回の回復量を少し下げてでも、回転率を上げればそれ以上に効果があるぜ!!

補足

★5ブラキディオスもオトモン技「活力の咆哮」(消費SP10で自身のSP25回復)を使えば同様のことができます。
賢さ倍率はジンオウガ亜種(最大199%)よりやや劣る最大190%ですが、回復力は324とほぼ同様でした。
実戦で使うなら、ブラキディオスの方が体力や防御力が高いぶん良さそうです。(属性の相性次第ですが)


パ:わー、ガーディくん、すごーい!

ル:そ、そんなのオートじゃ使えないわ!
悔しくなんて、ないんだからねっ!!

パ:ねーねー!2人ともー!私もちょっと思いついたの!!
クルペッコと一緒に歌ってみるねー!!

Round9:[パルフェ&ペッコ]ウォームフルペッコ&ソウルブレスソング

タッグライダーの賢さ670=最大強化(Lv70&信頼度10)
オトモンの賢さ倍率229%=最大強化(Lv70&熟練度50)
加護&装飾品の賢さ300=ぼちぼち程度
賢さ合計2504 
やること概要
やりたいことは「ウォームフルペッコ→ソウルブレスソングを1ターンおきに反復」。
しかし、そのためには4ターン毎にSPが125必要で、収支がマイナスになる。
そのため、 最初の2ターンでSPを蓄積してから始めると、以下の様に21ターンで1サイクルとなる。

※1回目のウォームフルペッコは、パルフェ&パルフェより先に行動した仲間は実際には継続回復は次ターンが初回となるが、最終的な継続回復の回数は変わらないため、ここではウォームフルペッコ使用ターンから全員に継続回復が発生するものとする。
ターン数アクション(参考)SP推移回復量
行動前消費行動後本人仲間①仲間②
1ターン目通常攻撃30030000
2ターン目通常攻撃60060000
3ターン目ウォームフルペッコ90-4545288238238
継続回復(最大体力の4%)140140140
4ターン目通常攻撃75075000
継続回復(最大体力の4%)140140140
5ターン目ソウルブレスソング100-8020749619619
継続回復(最大体力の4%)140140140
6ターン目通常攻撃50050000
継続回復(最大体力の4%)140140140
7ターン目ウォームフルペッコ80-4535288238238
継続回復(最大体力の4%)140140140
8ターン目通常攻撃65065000
継続回復(最大体力の4%)140140140
9ターン目ソウルブレスソング95-8015749619619
継続回復(最大体力の4%)140140140
10ターン目通常攻撃45045000
継続回復(最大体力の4%)140140140
11ターン目ウォームフルペッコ75-4530288238238
継続回復(最大体力の4%)140140140
12ターン目通常攻撃60060000
継続回復(最大体力の4%)140140140
13ターン目ソウルブレスソング90-8010749619619
継続回復(最大体力の4%)140140140
14ターン目通常攻撃40040000
継続回復(最大体力の4%)140140140
15ターン目ウォームフルペッコ70-4525288238238
継続回復(最大体力の4%)140140140
16ターン目通常攻撃55055000
継続回復(最大体力の4%)140140140
17ターン目ソウルブレスソング85-805749619619
継続回復(最大体力の4%)140140140
18ターン目通常攻撃35035000
継続回復(最大体力の4%)140140140
19ターン目ウォームフルペッコ65-4520288238238
継続回復(最大体力の4%)140140140
20ターン目通常攻撃50050000
継続回復(最大体力の4%)140140140
21ターン目ソウルブレスソング80-800749619619
継続回復(最大体力の4%)140140140
回復量合計21735
回復力345

※回復力 = 回復量合計 ÷ ターン数 ÷ 3(人数)
※仲間①、仲間②のどちらも賢さは1500(ぼちぼち)として計算
※最大体力は全員3500(ぼちぼち)として計算(=継続回復は4%で140)


ル:ガーン!!!

ガ:長いなっ!!
でも・・・1位か!!


パ:わーい!ありがとうクルペッコー!!

ル:く…悔しい…!!
けど、、、負けたわ!!やるわね、パルフェ!!

ガ:改めて・・・優勝おめでとう、パルフェちゃん!!

(第1回)回復力最強決定戦、総合成績発表

順位タッグやること回復力
1パルフェ&
クルペッコ
ウォームフルペッコ & ソウルブレスソング345
2ガーディ&
ジンオウガ亜種
龍光まとい & スターライトエール (特性発動時)328
3ルイーズ&
クルペッコ
ソウルブレスソング (特性発動時)324
ガーディ&
ブラキディオス
活力の咆哮 & スターライトエール (特性発動時)
4パルフェ&
ベリオロス
本気ウォームフルペッコ (3ターンに2回)313
5ガーディ&
ベリオロス
スターライトエール (特性発動時)307
6ガーディ&
ジンオウガ亜種
龍光まとい & スターライトエール (特性なし)274
7ルイーズ&
ベリオロス
轟再生の韋駄天 (特性発動時)272
8ガーディ&
ブラキディオス
活力の咆哮 & スターライトエール (特性なし)270
9ガーディ&
ベリオロス
スターライトエール (特性なし)256
10ルイーズ&
クルペッコ
ソウルブレスソング (特性なし)247
11ルイーズ&
ベリオロス
轟再生の韋駄天 (特性なし)206
12パルフェ&
ベリオロス
手抜きウォームフルペッコ (4ターンに1回)205

あとがき

結局のところ世間の評価通り?パルフェ優勝になっちゃいました。

でも実戦においては、ダメージが1人だけに集中する場面と全員に分散している場合、どちらでも効率よく対処できる「ルイーズ&ペッコ」のタッグが、回復性能だけを考えた場合の最適解かな?というのが個人的な見解です。

ガーディも、世間の評価はとにかく低い印象ですが、回復力は今回の他2人に拮抗する成果を出してくれました。

ただし、実戦において…で言ってしまえば、今回は評価の対象外とした各ステータスや、ダメージカット等の特殊効果のある技を持つライダー、現状の「守るより攻めろ」なゲームバランス、などを加味すると回復ライダー間の優劣はまた変動します。
結局のところ、現時点(2020/9頭)だと「総合的に一番使いやすい回復役はパルフェ」は揺るがないのかなあ?という印象でした。

パルフェちゃん、欲しいなあ。。(持ってない人)

nisyi
…とか書いてた矢先に、たまたま今日来てくれた!
アリガタヤー!!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nisyi

nisyi

nisyiです。変な綴りの名前ですが読みは直感で適当に。。 ゲーム歴は大まかに30年。2015年のモンハンエクスプロア(MHXR)配信以降はほぼMHXR一本でしたが、2020年からはモンハンライダーズ(MHR)も遊んでいます。仕様調査と発信を趣味に遊んでたら、いろんな人と出会いと別れがあって流れ着きました。 嘗てのだんちょさまが掲げた「画面の向こうには人がいる」を肝に銘じつつ、ネットの不思議なご縁をのんびり楽しんでいます。

-モンハンライダーズ(MHR)

Translate »

Copyright© Gジョイナス 【ゲーム日記・攻略ブログ】 , 2020 All Rights Reserved.